スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抽象表現の中に具体的表現を入れる



今回は、歌の歌詞から「文章の上達テクニック」を考えてみたいと思います。


少し前の曲ですが
宇多田ヒカルの「誰かの願いが叶うころ」にこのような歌詞がありました。


  -誰かの願いが叶うころ、あの子が泣いている-

という部分です。



何でもない、歌詞にありがちな一言のようにも見えますが、
私は非常によく出来ている文章だと思っています。


この「誰かの願いが叶うころ、あの子が泣いている」の
最も肝になっている部分は「あの子」です。

ここが「誰か」だった場合は、今までにもありがちな文章(詩)の書き方です。



つまり。

「誰かの願いが叶うころ、誰かが泣いている」は普通ですが

「誰かの願いが叶うころ、あの子が泣いている」は光る部分のある文章だと思うのです。



小説においても詩においてもそうですが、
こういう抽象的な考え方(哲学)を言葉にする場合、本当に抽象的な言葉だけで語りますと、
ずいぶん実感(生活感)のない、うわごとのように聞こえてしまいます。


特に近年の小説の世界では、哲学的な事を直接語るのはダメ、という雰囲気が
ありますので尚更ですよね。


そういう感じを与えないように抽象的な考えを語る方法が
「あの子」にあるような、「具体的な一言を入れる」という方法です。


彼女の歌詞にしても、
言っている事は抽象的ですが、「あの子」の一言があるだけで
実際に誰かが喜んでいる裏で、女の子が泣いているシーンが具体的にイメージ出来ますよね。



こういう方法は、他のどんな言葉にでも使えると思います。


例えば。

「星の降る街」と書くと、これは綺麗な言葉を並べた「なんとなく」の表現になりますが

「流星の見える街」と書くと、本当にそういう場所の紹介文のように見えてきますよね。


これも、「星」という言葉があちこちで使われすぎたため、もはや抽象的な言葉に
なっていますが、「流星」という単語は、まだ具体的な言葉であるため
実際の場面をイメージできる(抽象的になりにくい)のだと思います。


小説を書く時は、どうしても抽象的な考え方の語りを避けられませんが
その時は、是非こういった具体的な一言を入れて、生活感のある表現に
変えてみて下さいね。

きっと、わかりやすい、入り込みやすい表現に変わってくれると思います。

抽象表現でお困りの際は是非どうぞ。
スポンサーサイト
プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
「言の葉使い」ブログ版へお越しいただき、ありがとうございます。

当ブログは更新を停止し、以下の新サイトへ移行しました。
今後とも新サイトにて、どうぞよろしくお願いいたします。

<移行先> :RealCreate~小説の書き方講座~
<URL > :http://real-create.com/

Lc.ツリーカテゴリー
最新記事
QRコード
QR
小説書き方関連本
文章力アップに役立つ本の新刊リストです
検索フォーム
メルマガ登録

メルマガ「言の葉使い」では、小説の書き方、文章上達の方法などをわかりやすくお届けしております。
購読、解除はこちらからどうぞ。
(月1回 第二土曜日発行、もちろん無料です)
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。