スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視点を変えるという方法



「雪は白じゃない」

私が中学の頃、美術講師の方に言われた一言です。

その時、私は雪山を描くために、白の絵の具で白のキャンパスに塗っていたんですね。

確かに私達の見る雪は紛れもない白です。

しかし、雪山の写真をよく見てみると、多くの場合、白ではありません。
空の色が写り、薄い青、ないし灰色になっています。

こんな事、普段生活している中ではなかなか意識する事がありませんよね。

しかし
「私達が気づいていないだけで、実際に描写する時にはこの目が必要なんだ」と
講師の方から教わりました。

これは絵画の話ですが、文章にも近い部分があるように思います。




例えば、この雪の例を踏まえた上で、下の文章をご覧下さい。


<例1>.「私達が外に出ると、辺りは一面の白い雪だった」

<例2>.「私達が外に出ると、辺りの雪は薄い青色をしていた」



1の文章ではありがちな表現のため、あまり誰も気にはとめませんが、
2の文章では「何故雪が青いのか」と、
一瞬ですが考えさせられます。


この文章は、「外は晴れ渡っている。空が青い」というイメージを与える事が出来ています。


例1の文章は、さっと読み飛ばされる可能性が高いですが
例2の文章であれば、たった一文で
「雪がある事」と
「この日は晴れていた事」の二つを訴え、
綺麗な青のイメージを持って頂き、更に少し目を止めてもらえる可能性があります。



ここに、文章の持つ力関係があるように思います。


力のある文章は読者様の目を引き、一瞬その場に止める事が出来ます。

そうでない文章はわりと読み飛ばされ、全体の一部になります。



小説家の場合、
いつもこんな「力のある文章」を書いていると、非常にうるさい作品になります。

小説では適度に単純な文章で話を進め、
自分がアクセントとしたい(特に重要な)シーンに
こうした「人の目を引く文章」を置く事で、本当に大切な部分にだけ
読者様の目を止める事が出来ます。


こうする事で、あなたが重要だと考える部分と、読者様の印象に
残る部分がぴったりマッチングする助けになるかと思います。



最初にも申し上げました通り、
力ある文章を書くためには、まずは「視点」が重要になります。

普通に何となく見るだけでは「雪は青い」というような、独特の
視点はなかなか得られませんが、
普段から意識して、「右から見たらこうだが、左から見たらどうなる?」と考えて、
多方面から物事を見る癖をつけていきますと、
比較的、力ある文章のアイデアが出やすくなるのかなと。

そんな事を考えています。

では具体的に、どうやって視点を変えていくのか。どうやって良い文章アイデアを出していくのか。

それはまた、引き続き考えて行きたいと思います。

スポンサーサイト
プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
「言の葉使い」ブログ版へお越しいただき、ありがとうございます。

当ブログは更新を停止し、以下の新サイトへ移行しました。
今後とも新サイトにて、どうぞよろしくお願いいたします。

<移行先> :RealCreate~小説の書き方講座~
<URL > :http://real-create.com/

Lc.ツリーカテゴリー
最新記事
QRコード
QR
小説書き方関連本
文章力アップに役立つ本の新刊リストです
検索フォーム
メルマガ登録

メルマガ「言の葉使い」では、小説の書き方、文章上達の方法などをわかりやすくお届けしております。
購読、解除はこちらからどうぞ。
(月1回 第二土曜日発行、もちろん無料です)
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。