スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話し言葉と書き言葉



以前、講演のテープ起こしの仕事をした事がありまして。

その際、「物は試し」と思い、わざとテープに入った言葉を、
一言一句間違えないように文章にしてみたんですね。


そうしますと……。


人が話す言葉を、そのまま文字に落とし込んだだけなのに、
表現方法がまるで子供の落書きのような内容なんですね。


そう。
話した方が悪いのではないのです。

誰が話してもそうなるのですが、
「話した言葉」をそのまま「書き言葉」へ変換すると、文章として成立しないのですね。



よくよく振り返ってみますと、私自身もやはりそうなんです。


普段の会話で「私」なんて使いません。いつも「俺」や「自分は」です。


普段の会話で「こんにちは」は(親しい人には)使いません。
「ちわー」か「ども」か「お疲れ様ですー」なんですよね。

「~なんですけど」は会話では使いますが、文章で使うとやはりおかしい。




「書き言葉」と「話し言葉」は基本的に別の生き物です。



よく、小説でリアリティーを出したいという理由で
普段の会話をそのまま文章にしているケースを見かけますが
そうすると、どうしても「幼く」見えてしまいます。

また、ビジネス系では「メルマガは普段の会話の感覚で書けば良い」と
書かれた本を見かけますが、それもやはり、会話そのままで行くと
おかしい文章になりがちです。(妙に軽く見えてしまう事が多くあります)


確かに、普段の会話に近い形で書くのは大切です。
その方が親しみやすい形になります。



しかし。
読む側の事を考えてみてほしいんですね。


多少、堅い言葉遣いで書かれていても、読む時は、自分なりに読みやすい
形に置き換えて読んでいるはずなんです。


「僕はそのように思うのだ」という文章があったとすれば、
「僕はそう思うんだ」などの、普段の会話に近い形(理解しやすい形)に
脳内で置き換えて読んでいるはずです。


逆に。
「昨日マジ暑かってさ、もー、嫌やんな、ってかホンマうざいしー」
という文章が書いてあったとして、それを読む時に
「昨日は本当に暑かった、もう嫌だよね、というか本当にうっとうしいね」に
読み替える事はしますでしょうか。

……しないですよね、普通。

「軽いコト書いてるな」と思うだけですよね。



堅い「書き言葉」を、普段の使いやすい「話し言葉」に変える作業は
案外、読み手の側でしてくれています。

しかし、軽い「書き言葉」を、丁寧な「話し言葉」に変える作業は
読み手はほとんどしてくれません。

「軽い文章だな」と思ってお仕舞いです。



読み手の事を考えるのは、書く人間にとって、とてもとても大切な事です。

しかし、だからと言って

「話し言葉と同じ簡単な言葉で書けば、
 皆、自分と話してる感覚になって、親しみを持ってくれる」

というのは、間違いだと思うんです。


文章はオフィシャルなものです。
会話と違い、いつまでも残ります。
WEBでも、メルマガでも、紙媒体でも。


保存が出来る分、普段の「話し言葉」よりは堅い言葉、堅い表現を使って
綺麗にまとめる必要があるんじゃないかな、と。


小説の台詞部分などで
「話し言葉」に近い文章を書こうと考える時は
是非一度、この話を思い出して頂ければ、本当に幸いです。


スポンサーサイト
プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
「言の葉使い」ブログ版へお越しいただき、ありがとうございます。

当ブログは更新を停止し、以下の新サイトへ移行しました。
今後とも新サイトにて、どうぞよろしくお願いいたします。

<移行先> :RealCreate~小説の書き方講座~
<URL > :http://real-create.com/

Lc.ツリーカテゴリー
最新記事
QRコード
QR
小説書き方関連本
文章力アップに役立つ本の新刊リストです
検索フォーム
メルマガ登録

メルマガ「言の葉使い」では、小説の書き方、文章上達の方法などをわかりやすくお届けしております。
購読、解除はこちらからどうぞ。
(月1回 第二土曜日発行、もちろん無料です)
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。